TOP  協会の活動
入会案内
 
     各支部の活動 テスト報告 新潟の味   ティールーム  新潟県
消費者協会
 新潟支部  新津支部  白根支部 豊栄支部  巻支部 

新潟の味2018
新潟市消費者協会の会員が普段作っているお料理を紹介するページです。
新潟の食材や新潟という郷土に伝わるお料理等もお伝えしていきます。

他の年代もご覧ください  2005   2006  2007  2008  2009  2010  2011  2012  2013 2014  2015  2016  2017

 5月 141 「イタドリのジャム」
 
 
 
 野草イタドリは、昭和生まれの者にとって、野に生えているおやつでした。茎を折ってポン!と音の出るものが食べやすく、酸っぱいけれどおなかをすかせた子供達には格好の腹ふさぎでした。地方によっていろいろな名前がついていたようです。新潟市では「スカンポ」村上では「ウマスカシ」、柏崎では「スッカンポ」等々。
 この野草がおいしいジャムになる、ということをご存知ですか。新潟支部会員の井上家の作り方を紹介しましょう。5月連休開け頃は、平地ではもう茎が固くなってジャムには向かないかもしれませんが、山の方ならまだまだ大丈夫!自然の恵みを活用しておいしいジャムを作ってみませんか。
材料
イタドリ 300g(皮をむくと200g位になる)
砂糖  100g程度(皮をむいたイタドリの重さの50%位)

作り方(下の写真を参考にしてください)
1 イタドリの皮をむく 
2 よく洗ってから鍋に入れ、分量の砂糖を加え、30分くらい置く(水分が出てきて、火にかけたとき焦げ付きにくい)
3 火にかけ(焦げないか注意しながら)へらでかき混ぜながら煮詰める
4 水分が少なくなってきたら火加減を小さめにし、かき混ぜたとき鍋底が見えるようになってきたら出来上がり
 (もっと酸味や風味が欲しい時はレモン汁を加えるといいでしょう)













 4月 140「 ニシンと筍の煮物
新潟の郷土料理として愛されている煮物を紹介します。
 材料(材料4人分)
干しニシン(小)半身4枚
干し大根     40㌘
筍       200㌘
蕗       150㌘
人参・牛蒡など 150㌘ 
だし醤油・塩少々 50㏄
味醂・酒    各50㏄
砂糖・オイル  各30cc

作り方
① ニシンはよく洗って、米のとぎ汁に1晩つけ、3〜4個にきる。
② 干し大根葉は洗って、調味液に漬け酒と味醂をかけて置く。
③ 筍は米ぬかで茹でて・アクを抜き、厚さ5ミリ位の櫛形に切る。
④ 蕗はさっと熱をとうし、皮をむいて数センチ位の長さに切る。
⑤ 人参、牛蒡は、長めのハス切りにしておく
⑥ 最初に人参・牛蒡・タケノコをオリーブオイルで炒め、干し大根の戻し汁1カップと調味料を加え、蕗とニシンを入れ、中火で煮る。
⑦ 牛蒡と蕗の味がよく全体に馴染んだところで出来上がり。

雪解けの大地から芽吹いた蕗や筍、残り大根を干した甘い干し大根がニシンとよく合います。伝統の味として残したい一品だと思います。

 3月139 「カッテージチーズ」「炒り豆腐」
 今回は、ちょっと傾向の異なった「新潟の味」をお届けします。
 
 

新潟支部は今年度「食品ロス削減講座」を市内7カ所で開きました。その際、賞味期限切れになりそうな食品をひと手間かけて変身させる裏技レシピを実演し好評でした。そこで今回はその中から2品を紹介したいと思います。

1 カッテージチーズ(写真上、クラッカーの上に乗っているもの)
(材料)牛乳200cc 酢15cc
① 牛乳を加熱し、沸騰の前に火をとめる。
② ①に酢を入れ、はしでそっとかき混ぜる。(透明な液体・乳清とかたまりに分かれてくる)
*乳清は飲めます 
③ 白い牛乳の部分がなくなったらふきんでこす。(この段階で冷凍も可)
④ ふきんで包んで水の中で酸っぱさがなくなるまでふり洗いする。
⑤ 水気を取り、塩少々と牛乳小さじ1/2を加えよく練る。(マヨネーズを加えてもいい)

2 炒り豆腐(写真下 野菜を加えたもの)
    (材料)豆腐200g 卵1個 砂糖、醤油、酒、みりん各大1 塩少々
① 鍋に材料を全部入れてかきまぜ、火にかけて炒りつける。
   (具に人参、シイタケ、ネギなど加えても美味)

食品ロス削減は今、大きな問題になっています。期限表示を上手に活用して、期限間近な食材がたくさん残っていてどうしよう、などという時にも捨てずにおいしく食べられる方法を考え、工夫してやってみてください。

 2月 138「肉団子入り具だくさんの野菜スープ」
今年は、大雪になり寒さが身に沁みます。そこで、巻支部会員の水沢さんより「肉団子入り具だくさんの野菜スープ」を教えて頂きました。身体が温まりますよ。
材料(4人分)
(A) ○ 鶏挽肉 80㌘       
   ○ 豚挽肉 80㌘  
   ○ 生姜汁 小1
   ○ 片栗粉 小1
 ・人参 80㌘          
・ごぼう 60㌘
・白菜 100㌘   
・えのき 80㌘
・長ネギ 60㌘  
・ニラ 40㌘
  コンソメ 2個         
塩 小1/3
しょうゆ 大1    
水 800cc

【作り方】
① (A)の材料をこね、12コに分け、丸めて片栗粉をまぶしておく。
② 人参は3㎜厚さのいちょう切りにする。
  ごぼうはささがきにして水にさらし、水気をきる。
  白菜は1㎝のざく切りにする。
  えのきは3等分にする。
  長ネギは小口切りにする
  ニラは1㎝に切る。
③ 鍋に水とコンソメを入れ、人参、ごぼうを加え火にかける。
④ 人参が煮えたら、白菜、えのきを加えて煮る。
⑤ ①を加えて煮る。
⑥ アクを取りながら長ネギとニラを加え、塩、しょうゆで味を調える。
☆完成です☆
1月 137「餅入りオムレツ」「大根サラダ」
 
お餅は食べ飽きたという人もおられるかもしれません。そんな時にはちょっと形を変えてはいかがでしょう。支部会員の風間さんに教えて頂きました。何とオムレツにしました。
又今年はお野菜の高騰が続いていますが、リンゴ+かいわれ大根とお安い材料でサラダも工夫してみました。リンゴは薄切りしていますので皮も気にならず食感も良いかと思います。餃子の皮も1~2枚残ることがありますが油で揚げてコーンフレークの様に利用してみました。
 
 


餅入りオムレツ】
材料 
切り餅   1個(薄切りしておく)
玉子    4個
塩     1.2g
こしょう  少々
酒     40cc
ベーコン   20g (10cmの細切り)
玉ねぎ    40g (線切り)
人参     20g (々  )
じゃがいも  80g (々  )
ピーマン   20g (々  )
油      大さじ1

作り方
①  卵、塩、酒をも混ぜ合わせておく。
 餅はフライパンで焼いておく。
②  フライパンでベーコンを炒め野菜をくわえて炒め餅も入れる。
③  ②に①をいれゆっくり混ぜる。
 7分通り火が通れば火力を弱にし表面を平らにならしフタをして両面を焼きしばらく蒸し焼きにする。

【大根サラダ】
材料 
 大根        200g
 かいわれ大根    1/4束
 赤カブ       1個
 リンゴ       1個
(調味料) 塩、醤油、ゴマ油    少々

作り方
①  大根は線切り、リンゴ皮つきのまま薄切り、赤カブ薄切り、かいわれ大根は半分に切っておく。
② 餃子の皮は油で揚げ砕いておく(なければ使用しなくても良い)
③ ①を調味料で和え盛りつけたら②をトッピングする。